学科長挨拶



理学療法学科 学科長 赤松 眞吾

学科長 赤松 眞吾

本校の教育目標は、「何事にも向上心をもって取り組む姿勢を養う」「痛みを共有できる感受性を養う」「確かな治療技術を習得する」ことを掲げています。

知識・技術はもちろん、障害を持つ人から信頼される豊かな人間性を兼ね備えた治療のできる理学療法士を育てることが使命だと考えています。

医療に携わる人には、これらの能力を継続的に発展、向上させることが求められます。どんな状況でも自分にできることを探し、成長を惜しまない人が集う場所になればと思っています。急激に変化する現在の医療、福祉の世界において、「求められる人材」「選ばれる人材」になることが理想であるため、多くの困難を克服する必要があります。

いくつもの壁を乗り越える良い方法は「楽しむ」ことです。
わかることの楽しさ、できることの喜び、人から信頼される感動、これらに勝るものはありません。肩を組み、楽しさを求めて共に歩んでいける仲間を増やしたい。

これが本校の教職員みんなの思いです。

学科長 赤松 眞吾