学科の特長




教員構成

全国レベルのベテラン教員を始め中堅、若手とバランスが取れており、指導は勿論様々な悩みにも耳を傾ける世話好きの教員スタッフです。また全員が『臨床において医療技術者として能力を発揮できる理学療法士』の育成に"熱い想い"を抱いており、教育理念にもとづき温かくも厳しい指導を行っています。


学習指導

問題解決型学習

臨床現場では患者さまを評価し、治療プログラムの立案・治療・効果判定及び再評価等を行います。この「臨床に」即した教材を用い、学習活動を行うことで「問題解決」の経験を重ねます。また実際の事例や事態・観察・分析・討議などで学生の主体的な学習を促します。

グループ学習

さまざまな知識や技術について、グループ内で議論する中で互いに切磋琢磨し、共に成長できるよう工夫しています。

実技指導の充実
  • 実技指導時間が豊富
    授業は単なる講義にとどまらず、多くの実技時間を設けています。
  • 複数教員による指導
    講義担当教員だけでなく、他の教員も参加し一人でも多くの学生の指導に当たれるよう配慮しています。
  • 自主学習への協力サポート
    時間外を問わず学生の申し出に対応しています。

ピックアップカリキュラム

理学療法障害学
さまざまな事例をカテゴリー別に見ていき、各疾患で起こる障害メカニズムを学びます。治療計画を立てるうえで必要となる患者さまの痛みや運動可能範囲を理解して、適切な治療に役立てます。
理学療法障害学

理学療法治療各論
治療各論はIからVIIIまであり、脳障害/脊髄障害/小児期障害/骨・関接障害など患者さまの状態別にきめ細かく見ていき、人体のメカニズムから原因を理解し、治療法を考える実践的知識を習得します。
理学療法治療各論

運動療法学
神経・筋障害・スポーツ障害・内部障害・老年期障害等の障害領域を「総論」「基本的技術」「特殊技術」など学習レベル別に見ていき、運動療法に必要な知識を理論的に理解していきます。
運動療法学