VOICE


卒業生の声


在校生の声»



13期生 川上さん 『奈良リハの一番いいところ』

理学療法士として働く。その歓びの声。
学生生活を振り返っての思いをインタビュー!

PTになると決めたから、逃げない。頼られる仕事だから、自覚を持ってください。

森田 有紀さん

2006年3月卒業
奈良県総合リハビリテーションセンター勤務


Q 理学療法士というお仕事を選んだ理由を教えてください。  
A

感動を味わえる仕事。自分らしさを確認できます。
「できた!」と患者さまと目が合って、お互いに喜び合えた瞬間は言葉では言い表せません。それまでに何日も何週間も重ねてきた苦労がいっぺんに吹き飛ぶ瞬間です。




Q 理学療法士に求められる資質は?  
A

この仕事は患者さまとの共感が大切です。一方通行のリハビリでは患者さまも辛いだけです。自分もどのように悪いのかがわかりません。ですから、治療技術も重要ですが、お話をして相互に気持ちがわかり合えることが一番重要なのだと思います。




Q 理学療法士をしていて良かったことは?  
A

自分なりの考えで患者さまを指導するわけですが、動作ができたり回復の兆しが見えてくると、自分が選択した指導・治療計画が正しかったのだ、と実感できます。




Q 学生時代に苦労したことは?  
A

学生時代は、もっと勉強したかったですね。1年生や2年生の時は勉強が難しくて、覚えることも沢山あってクラスの友だちにも助けてもらいました。




Q 奈良リハに通って良かった点は?  
A

うちの学校では、先輩が後輩の面倒を見るというパターンが自然とできていて、勉強ができなくても放っておかれることはなかったのが嬉しいです。実は、学校に入るまで私は、内向的だったのですが、先輩や後輩との交流で、人と話をするのが好きになりました。




Q これから理学療法士を目指す学生の方へのメッセージをお願いします。  
A

はじめはボロボロになります。でも逃げないでください。仕事に就いても同じです。自分が諦めたら患者さまはどうすればいのでしょうか?変わる部分はあるのです。それを見抜いて、挑戦してください。理学療法士をめざすなら、絶対に逃げないでくださいね。




仕事に関わることはすべて見る。そして人を好きになる意識が大切です。

吉田 信也さん

2002年3月卒業
医療法人和幸会阪奈中央病院勤務


Q 理学療法士とは、どんなお仕事ですか?  
A

病院内はもちろん、外にも働きかける仕事です。働き始めて意外だったのは事務仕事が多いこと。極端な言い方をすれば、院内全職種の方とコミュニケーションを取らなければなりません。一人の患者さまの治療には多くの方が関わっているということです。
医師に患者さまの状態を報告、看護師から容態を確認、またソーシャルワーカーも交えて患者さまの退院スケジュールの検討、さらに高齢者の患者さまの場合は、退院後の地域のケアマネージャーなどと連携して在宅介護のプランを考えることもあります。
理学療法士は、病院などのリハビリテーションルームだけが仕事場ではなく、必要な時には患者さまの家庭内のバリアフリーまで考える、非常に守備範囲の広い仕事です。




Q 奈良リハに通って良かった点は?  
A

入学した当初は、高校とはまったく違う授業で戸惑いました。でも、徐々に専門用語を覚え、実習を重ね、そして学年が上がるにつれ、机で学んだことが患者さまに結びつき、そのなかで自分の考えも出せるようになって、自分も成長してきたことが実感できるのが嬉しかったですね。学んだことはすべて患者さまに通じるんだと、実感できました。




Q 学生時代に苦労したことは?  
A

試験前には一夜漬けもしていました(笑)。あれでは本当はダメですね。学校で学んだことの一つひとつが実際に患者さまにつながるので、ちゃんと生きた知識として使えるようにしないといけませんね。




Q これから理学療法士を目指す学生の方へのメッセージをお願いします。  
A

理学療法士として働くなら、いずれ勉強しなければならないので、学生のうちにしっかり予習・復習することが肝心。現場で恥をかくだけならまだいい。患者さまにご迷惑をかけるようなことになれば大変ですからね。学んだこと一つひとつが患者さまにつながるので、しっかり勉強して!




在校生の声


卒業生の声»



2年生 吉田さん 『子育てしながら勉強中です』